IT補助金サポート事業

2022年度IT導入補助金を活用すると最大350万円の補助が受けられます!
※株式会社Momentum-Youthは支援事業者(申請番号:SIT03-0007129)でございます。

申請手続きの流れについて

申請・手続きの概要

引用:IT導入補助金2021(https://www.it-hojo.jp/procedure/)

1

gBizIDプライム(取得に時間がかかります)

法人:1,履歴事項全部証明書 2,直近の法人税納税証明書その1かその2いずれかを税務署で取得。

個人事業主:1,運転免許証コピーか住民票 2,所得税の納税証明書その1かその2 3,直近の確定申告書Bのコピー税務署収受印または受信通知付き

※証明書は交付申請日時点において発行から3ヵ月以内のものである必要があります。

2

アカウント作成

gBizIDプライム取得後、弊社よりアカウントの招待を送らせて頂きます。
*申込書・商材申込書を頂きます。

3

共同で交付申請を行います。

*携帯からは申込みできません。パソコンから実施してください。
*インターネットエクスプローラーは非対応

4

実績報告

採択後、IT導入支援事業者に発注・納品・支払を実行し、実績報告を協同で行います。

*全額振込み一括になります。
※当社は採択されてからの発注・支払のため安心です。

       

悪質な事業者にご注意ください

IT導入支援事業者登録を受けていない事業者がIT導入支援事業者を装って架空の補助金申請を斡旋するというようなケースが報告されています。
それらの事業者は「補助金が交付される」と偽りの説明をしたうえソフトウェア類の購入費用および補助金申請代行費用等を請求することがあるようです。IT導入補助金では、当ホームページにおいてIT導入支援事業者名の公開を行っております。
なお、当社では交付決定が出る前にツール代金前金を請求したり、補助金入金前に支援報酬の支払を求めることはいっさいありませんのでご安心ください。
申請に必要なgBizIDプライムは他者に開示すると利用規約違反・公募要領違反になります。また、申請マイページでのシステムの操作履歴はID毎にIPアドレスと時間付きで記録されています。支援者の助言に基づくものであっても、申請内容の責任は、原則、申請者自身が負うことになります。申請手続きにおいては、正しく入力、報告を行っていただきますようお願いいたします。
当社の支援には税理士・中小企業診断士・ITコーディネーターによる申請アドバイスを含んでおりますし、IT導入補助金は他の補助金と比べても申請者の負担が格段に小さい、簡便な補助金になります。一定のITリテラシーは必要ですが、書類からの転記や選択肢の選択などで申請を進めることが可能ですので、他社に代行してもらうメリットは一切ありません。
申請マイページ作成および各種申請、手続き等に虚偽や不正、業務怠慢、並びに情報の漏洩等、その他不適当な行為が行われていることが明らかになった場合、たとえ交付決定が出た後であったとしても、交付決定取消しとなる場合があります。事前にご了承ください。